市橋達也のマンションは今

市橋達也という名前を知らない日本人はいないでしょう。2007年3月26日、その事件は起きました。英会話学校(NOVA)講師、リンゼイ・アン・ホーカーが市橋達也のマンションにて殺害されました。事件の詳細に関しましてはこちらをご覧ください。Wikipedia

市橋達也は大阪南港にて逮捕され、2年7カ月に及ぶ逃亡生活に幕が下ろされました。警察による取り調べ中に警察の言葉に拗ねて絶食を始めたり馬鹿食いを始めたり、お茶の間を楽しませてくれたものです。市橋達也本人は絶食や馬鹿食いに関して報道がされていることなんて知らなかったのでしょうね。刑務所に入っている今でも知らないでしょう。

2011年7月4日、公判が開始され、2012年4月25日、無期懲役が確定しました。現在は2016年7月なので、彼の牢獄生活が開始してからおよそ4年が経過しました。無期懲役の仮釈放の目安は刑執行開始から30年後なので少なくともあと26年間は外に出てきません。

彼の生年月日は1979年1月5日なので、現在は37歳。26年後は63歳になっています。こうなったらもう白人美女を見つけても何も出来ませんね。

事件当時、いろんなテレビ番組でこの事件について報道されていましたが、どこのマンションで事件が起きたのか私は分かっていませんでした。今になってインターネットで何となく調べてみたところ、結構そのマンションは近くにあることが分かってびっくり。さっそく電車に乗ってそのマンションに行ってみることにしました。

まずはJR京葉線の市川塩浜駅にて下車。炎天下で暑いですがそこからのらりくらり歩いて行きます。

市川塩浜駅

この駅が彼のマンションの最寄り駅と言うわけではありませんが、ここから歩いて行くことにします。

この駅のすぐ近くに千葉県行徳警察署があります。

千葉県行徳警察署

千葉県行徳警察署

この警察署が市橋達也逮捕後に取り調べを受け、絶食をした場所です。

この場を後にして、例のマンションに向かって歩いて行きます。警察署のすぐ隣にはラブホテルがあります。

ラブホテル

そのまま歩いておよそ30分後、遂にこのマンションにたどり着きました。

新日本サンライズ

新日本サンライズ行徳です。結構立派な家族向けのマンションです。無職の一人暮らしがこんなマンションに住んでいたなんて、なんて羨ましい。

市橋達也が住んでいた部屋は406号室です。

新日本サンライズ406

新日本サンライズ406

新日本サンライズ406

カーテンすら入っていません。今は誰も住んでいないようです。この406号室はいったいどうなるのでしょうか。そもそも売れるのでしょうか。事件当時は市橋達也の祖父母名義のマンションとのことで、私の予想では名義はそのままではないかと思います。誰も買う人はいないでしょうから。そして今でも管理費と修繕積立費を毎月払いこむはめになっていると思います。それから税金も。

このマンションに、特に406号室の隣や上下に住んでいる人達はどう思っているのでしょうかね。相場の値段では売りたくても売れないマンションになっているのかもしれませんし。

この写真はマンションの正面です。

新日本サンライズ行徳

私は関係者でないのでマンションには立ち入っていません。

新日本サンライズ行徳

この写真の中央あたりが406号室です。

このマンションの周りを歩いてみましたが、もうなんの事件の名残もありません。もう住民は思い出したくもないのかもしれませんね。せっかくの立派なマンションの資産価値を暴落させられたわけですし。

さて、あまりいい写真は撮れないと判断し、このツアーを終了することにしました。このマンションの最寄り駅である東西線の行徳駅にやってきました。

東西線行徳駅

う~ん、あまり住みたいとは感じない街ですね。ということでこの記事はここまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です